> English

ホーム

会社案内

ビジネスモデル

製品・サービス

研究者紹介

採用情報

プライバシーポリシー



高速PIVを用いたエンジン燃焼運転時の
流動と火炎の同時計測


 

エンジン筒内の流動計測にはLDVPIVがあり、一般的には非燃焼場(モータリング)で計測し、燃焼場(ファイアリング)での計測は困難であった。

当社ではLDVに関しては実機エンジンの燃焼条件において内製のプローブを用いて計測に成功している

今回は可視化エンジンの燃焼場で高速PIVで計測を、同時火炎形状計測した。



 

1サイクルの燃焼PIV計測結果



燃焼PIV計測結果と火炎形状の変化


 

モータリング(左図)、ファイアリング(右図)での流速分布の比較



Copyright 2008 (C) Imagineering.Inc All Rights Reserved.