> English

ホーム

会社案内

ビジネスモデル

製品・サービス

研究者紹介

採用情報

プライバシーポリシー



コンサルティング

計測技術

計測機器

MCS
DLAS
FLDV
エンドスコープ
LIBS
PIV

実験施設

エンジンベンチ

計測技術



 
測定技術
特徴
 
手法
測定項目

メリット

デメリット
燃焼
ピエゾ圧力計
筒内圧、吸排気圧
精度が良い、応答性が速い
歪型より高価
筒内局所A/F
1サイクル毎の筒内A/F計測
処理にノウハウが必要
IR(Infrared Radiation Sensor)
ガス温度
高周波応答、耐久性、空間分解能
コスト、システム開発
ガス温度、成分
クランク角履歴の計測が可能
コスト、システム開発
流れ
PIV(Particle Image Velocimetry)
ガス流速
流速分布を計測可能
応答性が遅い
ガス流速
応答性が速い
点計測
PDA(Phase Doppler Anemometry)
ガス流速、粒径分布
流速とともに、粒径を計測可能
LDVより調整が難しい
温度
熱電対
ガス温度、表面温度
取扱いが容易
応答性が遅い
二線式熱電対
ガス温度
サイクル毎の計測が可能
時定数の同定が必要
ガス温度
クランク角履歴の計測が可能
コスト、システム開発
IR(Infrared Radiation Sensor)
ガス温度
高周波応答、耐久性、空間分解能
コスト、システム開発
光干渉温度計
ガス温度
クランク角履歴の計測が可能
高価、計測が特殊
 
成分
C, H, N, O,
高周波応答、耐久性、空間分解能
システムが大型
C, H, N, O,
LIBSに比べ装置が小型
コスト、システム開発
CH4,H2O,NOx,CO2...
クランク角履歴の計測が可能
コスト、システム開発
IR(Infrared Radiation Sensor)
CO2
高周波応答、耐久性、空間分解能
コスト、システム開発
その他
高速度カメラ
画像撮影
現象を視覚的に捉えられる
可視化窓の製作が必要


 Copyright 2008 (C)  Imagineering .Inc All Rights Reserved.